スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

して!

天気とやる気が持つうちにさくっとホーン交換なんてのも


さくっとバンパー外しまして

TS3E5079.jpg

リレーは左サイドに
いい場所にはネジが無い最近の車には困ったもので仕方ないからフェンダーのボルトと共締め
ステーは工具箱に転がってた何かのステーで一時的に

リレー

アースはバッチリバッテリーマイナスケーブルの根っこから

アース

ちょっと斜めに傾けて何とか押し込んだ感じ
でも位置が悪く水が入りそうなので次回気が乗ったときに
フェンダー側にでも移設しよう

TS3E5083.jpg


しかし車が汚いにも程がある リアルMADMAX状態
でも花粉が凄くて洗車した翌日には黄色いパール塗装になってしまうので暫し我慢

で!

あっちは画像上げにくいのでこっちで修理工程をば

エーモン端子をおもむろに取り出しまして

001


穴あけ穴あけ

002


使いまするはいつもの2ミリネジ

003

裏側にはしっかりナット入りで無駄に強度抜群!

004

いやー折れた瞬間時間と空気が止まった

3基目

さてやっとこさ程度極上のベースも手に入り長らくお待たせのすずき。さん用の加工に取り掛かる

3基目


こうしていくつも灰皿を見て思う

K11型マーチの灰皿の金型は二つ以上ある!
まあ在って当然な訳だがリブやら窪みの形状が微妙に違うのがあるんだな
成型圧設定値の違いか? まあそんなところであろう

しかもやはり数打つだけに比較的新しい個体から出てきたものはプレス成型時の
金型の擦り傷も大きくなってくるようだ

流石長期間製造され続けたロングセラーだけのことはあるとしみじみ思う


テストベッド

これは試作時のテストベッドになった物
アルミベースの形状変更前の取り付け穴の大きさが無計算試作の性格を物語る

図面を引かない脳内構築タイプなのでこれは珍しく数値が残った事例


タローさん穴あけ位置と寸法は画像の通りですぞー
ってタローさんここ知らないんだったかな?

第一陣

ついについに梱包完了

近日爆撃予定! 完成画像を見せないのは性格の悪さ故w

某2号機持ちの攻撃対象には組み立てキットも同胞済み!なんと説明書無しの素敵配慮

ミサイル


しかしまあ暖かくなったもので梅の花が既に咲きそろそろ長い冬眠から目覚める時期のようです

梅


1ヶ月前はこんなんだったのが嘘のよう
この状態から除雪もせずに走り出せるノーマル車高万歳(笑

TS3E4847.jpg

その後の経過

久しぶりの更新で広告表示されてしまい既に忘れられた感漂うしだーです


どうしても許せなかった横漏れをすっきり解消する横漏れ防止カバーも
しっかり接着し残すは車体より長持ちさせるための防錆処理を残すのみ

天気のいい日を狙ってさくっと塗装で完成です。


位置固定

接着


しかしミンからを見るにトライルさんの仕事の早いことといったらもう
その早さ缶詰にして分けて欲しい程です。

K11 灰皿照明最後の追加パーツ

さてなんとか広告が入る前に更新できて胸を撫で下ろしているしだーです

自己満足の為だけに取り付けて頂ける皆さんには長い間お待たせして心苦しく
息も絶えだえでございますがこれが最後の追加パーツとなります。

高価な継ぎ目のないアルミ引き抜き管を無駄に使った自信作!

その名も横漏れ防止カバー

横漏れ防止カバー

これが無いと恐らく内装パネルの隙間から光が漏れまくるんですね
想像の域を出ませんが考えれば考える程納得がいかずついやってしまいました。

地元でパイプを探すもこれがどこでも扱っておらず結局通販に手を出すという有様
しかも在庫無しでメーカー取り寄せに1週間、田舎ってホント怖いDEATH

K11灰皿照明製作記?

2010年最初の更新でございます

今回の自己技術&能力向上プロジェクト電気を何とかしろ
はそろそろ完成が見えて参りましたので今までの経過を一気に振り返ってみようと思いまする


事の始まりはラリ筑時に頂いた私のハートを鷲掴みにしたトライルさんからのプレゼントのお礼にと
カイラの灰皿って照明ついてたっけ?(この時点ではアホな事に既に設置済みを知らず)な発想でした。

そして勢い余って製作したのがこのプロトタイプ
配線方法を調べながらの製作ではありましたが照度は問題なくプロトタイプとしてはまずまずの出来。

現在タローさんに人柱の快諾を頂き使用していただいておりまする 感謝!

ちなみにタローさんに照射範囲拡大とLED保護のナイスなアイデアを頂くもコストの問題で断念。
Vr問わず採用できる案なので実現したらまったく隙の無いモデルになること間違いなし。

プロトタイプ 始まりはここから


続いてプロトタイプの使用者がLEDの色を選べない、LED切れたら全部おしまいという致命的とも言える
欠点を克服すべくVr1.02を発案するも設置性の煩雑さを考慮し廃案、即Vr1.03を発案試作

裏面


このバージョンでほぼ全ての懸案を解消しトライルさん、タローさんに協力を仰ぎ
実機取り付け寸法確認まで進めるも全高の問題で難航

ちなみに写真のアルミベースは左が初期型、右が改良版。ネジ一本の削減に成功!w

TS3E0471.jpg


この時点での寸法は高さ約17ミリタローさんに提供頂いた画像から判断するに後期型はクリアしそうでしたが
前期型では完全にアウト

TS3E0416.jpg


限界まで基盤サイズを詰めてみるもT5ベースではこれが限界でした。

TS3E0509.jpg


オレンジLEDの色確認点灯試験、少し赤みが強いかもしれません

TS3E0475.jpg


実機取り付け確認のデータを元にT3ベースへ移行

T3試作品


と言うより予め寸法不足を想定しT3ベースもT5ベースと同時進行で試作してました。

TS3E0502.jpg


T3ベース照度点灯確認、明るさはまったく問題ないようです。
ただしT5に比べるとT3は入手の容易さ種類の豊富さにおいて若干劣るのが難点

TS3E4777.jpg


実機取り付け確認より戻ったデータを元に最終仕様変更
奥が仕様変更後の最終バージョンとなります。

変更点はLED取り付け位置の変更とパターン取り回し変更

変更前は接点保持に若干の難が在り走行中の振動でLEDが瞬きしてしまう可能性が在ったものを
接点位置の変更で解消。
同時に一部配線取り回しの変更で絶縁性の向上。

最終仕様変更


準完成品1号機、これに若干の手直しを済ませれば完成となります。
(ただ付けるだけならこれでも完成、しかしそれでは納得いかない根性の悪さが売り)

98%完成


嫁ぎ先の決まっている完成品達 4名様お覚悟あれw

ベース品待ち


サイズ変化を画像で。
回を追う毎に小さくなっていきます。(これが日本の小型化技術!?)

TS3E0515.jpg


そして眠り続ける試作品の数々。
誰か要らない?w

TS3E4794.jpg


ところで何で私は7個も作ったんでしょうね、4個しか嫁ぎ先決まってないのに・・・

勢いって怖いよねほんと!

TS3E4795.jpg


こんな感じでざっと製作の過程をおさらいしてみました。

完成を今か今かとお待ちいただいてる皆様、もうすぐでござりまする今暫しお待ちあれ!


追加画像

すずき.さんT3オレンジはこんな感じ
夜間の使用には十分なレベルですが同じ高輝度LEDでも仕様の差で照度は青に比べて若干落ちますね、
写真だと点光源に見えますが全体を淡く照らし出すといったイメージです。目にやさしい?

T3オレンジ

追加画像

昨日取り付けた画像をご披露できなかったので改めでポン。

説明はシンプルにて手抜き進行で参ります


右のドア

右


左のドア

左


よく見るとアラが

詳細上部


ここはけっこう細かく切り刻んで巻き込んだ所

詳細前部


回りこんだ裏側はほぼ隠れる場所なので見た目スッキリ

詳細下部


ドアを閉めた状態ではこのように

ドア閉め


そしておまけ。
こんなに基盤切ってどうする俺!

おまけ

一進一退の工房

さあ天気の良い週末いかがお過ごしですか 午前中寝まくって時間が足りなくなったしだーブログです

今日は一部に予告してた通り待ちに待ったリアスピーカー交換!


慣れた手つきで内張りをベリベリと剥がしまして例の輪っかをおもむろに仮合わせ。

ドア内張り外し


オヤここが当たるな、削 あれここも当たるな、削 あらこっちもか、削
とうとうほぼ一周削るという結果に・・・

これでは湿気であっという間に膨らんでしまいますので付ける訳にもいかず
再塗装後改めて装着と相成り。

削り箇所


運転席で今か今かと待機していたスピーカーも敢え無く部屋へ逆戻りとなってしまいました。
ヘボヨスマヌ次回を待て

散乱


しかしただ転んではいけない、転んだら何かを掴んで立ち上がれと誰が言ったかは判りませぬが
こんな物を持ち帰ってまいりました。

これ


ここに付いてるこんな物。
だんごむしの内装色は腰上がライトグレーなのにここだけニョキッと黒いのでござる

ここに付いてる


作業風景は筆者ペディグリーチャムを与えられた犬の如くまっしぐらでしたので
画像がござりませぬ、面目ない!

使った合皮はトライルさんに頂いた色見本用、とか言うサイズじゃなく実用レベルの大きさですが。
厚みの割には伸びも良くこれはかなり使いやすい逸品!

あとでトライルさん拷問に掛けて入手経路を聞き出すか・・・


これで私のだんごむしにもトライルさんのイタリアン魂が宿りまして
ちょっとは私もセンスが良くなったんじゃないかなどと勘違いしている次第でござりまする。

こうなった


例のごとく仕事の遅いしだーなので張り終わる頃には外は既に暗く
車体に取り付けて撮影するも携帯画像ではさながら心霊写真、

明日明るい所で撮影しなおしてのUPになるでござる。
プロフィール

しだー

Author:しだー
プギャー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。